読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チキンボーンを投げ込め

先ずは雑記より始めよ。

僕の空想力がすっかり抜け落ちてしまう前に。今まで23年間頭の中に溜め込んでた空想ストーリーズを書き記してしておく。【オリジン編】

僕は昔から割と体の弱い子だった。だからというわけではないけど、外でボールを放るよりはポケモンキッズで人形劇をする方が好きだったと記憶している。

両親はレジャーや外遊びに僕をよく連れて行ってくれて、非常によくしてくれていたわけだが、僕はさっき述べたような性分なので、外に出ては手ぶらでテクテク歩き、ブツブツ言いながら空想で人形劇をやっていた。ここら辺までなら、まあ、誰にでもあることなんだろうけれど、僕は22歳になった去年ぐらいまでこれをどこでもかしこでもやっっていた。そのせいか家はリボルテックだらけだし、気味わるがられたりもするわけで、、まあ、付き合いが悪く独り言の多い、ちょっと変わった人になった。

しかし最近、特にこの一年になって、なかなか頭の中の人形劇が進まなくなった。アニメを見なくなったせいなのか、忙しくなったのか、それとも単に幼児期を今抜けたところなのか、たまーにストーリーを練り直してもなかなか前に進まない。僕の破滅的な妄想力もここらで色々一区切りのようだ。

そこで今日は僕が頭の中に書き溜めていた(?)ストーリーを覚えている範囲で書き遺し、供養してみたいと思う。「こんなん俺もやってたわあ」とか、「これおもしれえじゃん映画化しよw」とかあったら、是非お声かけいただきたい。(あざとい)

 

 

ストーリーの種類

僕の空想ストーリーはまあ、今では2本、多い時は4本脳内で連載していたわけだが、それらには大きく分けて3種類ある。

①完全妄想型

(多分)僕の世界で唯一のアイデアで書かれたもの。でもその頃の流行り物とかに左右される。妄想ネタに限りがあるとあっという間に進まなくなる。またいらない考察とかが入ってダレることがある。でも設定から作り込む点では楽しい。

②二次創作型

当時見ていたアニメ、漫画の世界に「こんなんあったらいいなあ」を作ったもの。

外伝という認識で作るものもあれば、世界観や設定だけお借りして作ることもある。元ネタがある分ストーリーが進みやすいが、元ネタが足枷になることも多い。

③自分がなっちゃう型

授業中に「今日ここにデスノートが降ってきたらさあ、、俺どうするかな、、、、」みたいなのを大真面目にやる。大概恥ずかしくなってやめる。

 

 

ここまで打っててぶっちゃけ枕に顔を埋めてバタバタしたくなってきたが、供養のために書いているのでここは諦めずに進めて行きたい。

これらの種類はよく混ざって、②+③漫画の世界に俺入っちゃう型とかになることをご注意いただきたい。

 

それでは時系列別に作品を振り返ってみよう。

 

 

 

 

幼稚園・小学生期(1996~2005)

黎明期である。妄想力が足らんのか、二次創作が多い。あと詰め込みたがり。

1.とにかくなんでもやる戦隊シリーズ(1998〜2000) ②二次創作型

出始めはこれ。とにかくロボットをひたすら増やす伝説の獣なんかも呼んじゃう宇宙で合体もバリバリやる。シルバー、パープル、レインボーなんかも出した記憶がある。毎月クリスマス商戦状態の戦隊ヒーロー。挙句40個ぐらいのロボが一堂に会し合体する。これをニューブロックで実際に組んでたんだから驚き。ロボの戦闘方法にも色々あって、陸、空、海、余裕で宇宙、なんか凝ってバイク大の都市戦闘用なんかも発明した。

ちなみに等身大での先頭パートは一切ありません。毎週日曜日朝7:52分ぐらいの状態からしか考えてないので、隊員の性格、性別一切不明。詰めが甘い。

多分メガレンジャーギンガマンのキメラ。

2.荒法師(2001〜2003) ①完全妄想型

和テイストに憧れてやっちゃった系の短編。無駄に知恵がつく時期なので何度も設定を作り直してやっていた。

右腕に呪いの数珠を埋め込まれた荒法師(主人公)とその仲間(4人ぐらい)の、鬼(oni)討伐のプロセスと戦闘を主に描く。というかそこしかやってない。途中にやっぱり荒法師が呪文の書かれた封印の刀を振るい出す。インスピレーションは時期的に多分犬夜叉から得ており、最遊記RELOADを見てからストーリーが一気に血生臭くなった。

3.ぼくのかんがえたぽけもんとすごすにちじょう(2002〜2005)②-③混同型

いよいよ空想の魔の手が日常に伸びる。まあ単純に、ぼくがポケモン持ったらあの脚速い奴もガキ大将もポケモンバトルじゃ対等だという当時からの肥大化したコンプレックの元に始まったのでポケモンを扱うにしちゃタチが悪い。当時ちょうどルビー・サファイアの全盛期だったので、パーティはジュカインハッサムメタグロスヘルガーワタッコメガニウム。ジェットコースターに乗るときなんかもこう、ジュカイン出して、コナンの第1話の犯人みたいな軌道で動かして、乱入してきた店員(ロケット団)(赤の他人を敵にして失礼)のドガースなんかをリーフブレードでバッサリやったりしていた。あと学校でポケモンリーグなんかもやった。校舎をバトルフィールドにして樹海で戦う妄想したのは確実にNARUTOの木の葉崩し。無事校内1位になりましたとさ。そして最後はやっぱりマンネリ化してレジ三兄弟召喚したりとかした。レックウザを呼ばなかったところがかわいい。

 

 

 

 

 

ここまで書いて結構な量になったので一旦一つの記事に。後編【○部作シリーズ】とうとう厨二時代に入ります。お楽しみに。