読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チキンボーンを投げ込め

先ずは雑記より始めよ。

機能が絞れたモノを持つと、カラダの一部になる感じがして大好きだ。

今週のお題「今年買って良かったモノ」

 

uni JETSTREAM3 0.38mm ブラック

CASIO F-91W
今年買ったモノでスタメンフル出場を果たしたのは圧倒的この2品。
 
 
uni JETSTREAM3 0.38mm 透明ブラック
最強のボールペン(だと思うけどどうかな)コンビニなんかで売ってて一般的に使われてるのはSARASAとかfrixionの印象が強いか?とにかく僕はこれを5つほど買いだめして使っている。
ジェットストリームと言えば今更紹介不要ってぐらいの人気ブランドボールペン。とにかくインクがゴイゴイ出てくる。一度使い始めたらインクが擦れないし、とにかく均一に濃く出る。ごいごいすー。そして一筆一筆全力でインクを出してくれるから、切れる時はスンッて切れる。これも大事で、変な期待をせずに使い切りのタイミングを見極められるしね。
0.38っていう太さもいい!見栄えが良くて大きくノートに書いてもしっかり視認出来て、ギリギリ手帳の紙が破れないぐらい。つまり万能。クソ有能。
そこに3色っていう完璧な色数が加わる。この3色って色数は「これだけあれば十分だから、あとはこれだけで頑張れ」ってメッセージだと勝手に受け取っている。このペンに合わせてノートを取れば、ペンを持ち替えたりフタを開けたりっていう動作を最大限に省いてシンプルで良いノートを作らせて頂ける。ありがてぇありがてぇ。これ持ったらもう筆箱がいらん。常に身に着けるようになった。むしろどこにいても書くようになった。これは良い癖。
 
あとJETSTREAMは丸つけ専用にするとめちゃくちゃ気持ち良い。1.0mmだとヌルンッて丸がつく。「丸つけ」っていうポジティブなのに作業化してしまった動作をサイコーに楽しくしてくれるな?ある意味JETSTREAMの特性を存分に活かした使用法かもしれない。
 
 
CASIO F-91W 

 

 

今年のチプカシ流行の筆頭格だったので、チプカシで唯一持っているこれをチプカシと呼んでいる。
最強の腕時計!!!
JETSTREAMはまだ上があるかもしれないけど、こっちは譲れない。まごうこと無き最強の腕時計。
といってもそれを知ったのはこのサイトのせい…
 
庭に20年埋めても壊れない
もうこれだけで買う価値ある。なんか色々実験したくなるわ。実際遠泳しても壊れないとか、正確さの余り時限爆弾に使ったとか、数々の逸話を残し続ける…
 
 
勿論実用性は折り紙付きで、つけてみると、これ以外の時計の出番がほぼ無くなる
走りに行くの?チプカシ
スーツ着るの?チプカシ
おしゃれするの?チプカシ
 
ってなる。なんでって着けてる感じがほとんどしないという最強の強みがあるからだ。
それは見た目的にも、感覚的にも言えることである。
まず見た目。真っ黒で細身、多少青のアクセントが入った良デザインは服装をン全く選ばない(というか違和感がしないぐらい目立たない)し、チラと見えた時「あーGショックねハイハイ」と流して貰える…気がする。案外とどんな服装してても違和感が無いし、慣れてるという感じが出るのでスーツでも半端に高い時計よりはこいつを選んで着ける。
感覚の話をすると、軽さがでかすぎる。いつもの時計だったら講義中外したりして終わると着け直すけど、この時計は講義終わって「あ、着けてた」って声が出る。まじ。意識から消える。よってスポーツ中も全く気付かない。スポーツする時って案外と時間を計ることが多い。そうした時に動作を邪魔せず、尚且つ軽いこの時計は強すぎる。そして1000円だから、変に身体動かして傷ついたりしても「アッアッ」てならない。つーかそもそも軽いしウレタンだから傷がつかない。裏に塩とか溜まっても、爪楊枝でカッカッてすれば大体取れる。構造がシンプルだとこういう時強い。
 
買ってから週6でこの時計。ちょっとデザインがヒーロー然としてるので、変身ベルトのつもりで大事につける。でも大事にするのはこの時だけ。あとは外す時まで意識の外
 
 
 
この2つは今年買って良かったというか、今年の「買い物の仕方」を象徴する2つだったと思う。
・軽くて
・シンプルで
・最小限の機能
この3つがあればあとなんでもいいって買い方してたな今年は。こういうテーマでユニクロタートルネックニットとかを買ったり、逆にこれを追求するためにiPhoneのケースを外したりした。あと手帳のカバーも外したかな?
 
 
 
 
ここまで来ると「おっおっお前ミニマリストか?お前ミニマリスト気取りだな?」って思われそう。
 
 
でもこれは機能の追求であって、棄てるのを目的にはしてない。
なんていうのかな、シンプルでかつ高性能なモノって本当に便利で自然に使えるモノであればあるほど存在を意識しなくなって、持ってるだけで機能が自分の中に入って来る気がする。JETSTREAMだと書く能力が身について、かつインクが切れると感覚的に喪失感がある。タートルネックのセーターだってもう冬の皮膚って感じだ。ちょっと強くなれた気がする。本当に自分に合ってるモノ、棄てられないモノってこういうモノを言うんじゃないだろうか。イッツサイボーグ。ノットアミニマリスト
 
 
 
 
なので次回は「今年買ったムダだけど楽しいモノ」を勝手にぶちまけよう。